デジタル社会の未来シナリオ
人工知能、AR/VR、ビッグデータ、ブロックチェーン、ロボティクス、プラットフォームビジネス、サブスクリプション……デジタル・テクノロジーそのものや、それらを活用したビジネスモデルの研究・社会実装が進み、デジタルが社会のあらゆる部分に組み込まれた「デジタル後の社会」が訪れようとしています。 「デジタル後の社会」とは、どのような社会になるのでしょうか?日本総研が収集したニュース記事や論文等約500のファクト情報を元に、消費者の価値観変化・意識変化に特に着目し、未来洞察手法を用いてバックキャスティングで未来の社会を描き出したのが「デジタル社会の未来シナリオ」です。このシナリオでは、発生するかどうかわからないが、もし発生したら大きなインパクトとなる20 の社会像を描いています。 デザインエスノグラフィ社は、イラストで現代人が経験的に保有するイメージを用いて未来の事象を描くことを試みました。これは未来の社会に立って事象を眺める疑似体験を見る人にもたらします。目の前に現れる事象から社会の断片を理解し、新たな問いを立てながら、未来の世界を探索するように発想を広げていくことができます。
動作確認環境