TOKYO ETHNOGRAPHY 東京新民族誌
東京カルチャーといえば思い浮かべるのは?オタク、ギャル、原宿カワイイ…?その他にも、特異なカルチャーの周囲に形成される大小さまざまな集団が、東京には無数に存在しています。TOKYO ETHNOGRAPHYは、そういった集団を少数民族に見立てて、東京を訪れた架空の文化人類学者が新たな民族の実態を記述した民族誌、としてデザインエスノグラフィ社が制作したZINEです。 ここでは「わざわざ」な行動の先に人々の支持する文化が存在すると仮定し、ショップやイベントといった「わざわざ」訪れる場でフィールドワークを実施。そこに集まる人々の行動や装いから、彼らの文化的背景や価値観の共通性を解明し、カルチャーによるマーケットの発生についても考察しています。多様化・細分化し今や属性で語ることのできない消費者。これは、局所的ながらも人々が熱量を注ぐミクロなカルチャーから、彼らにアプローチする試みでもあります。
動作確認環境