henkakushatati-102-128
『静かなる変革者たち−精神障がいのある親に育てられ、成長して支援職に就いた子どもたちの語り』から、P102〜128を公開します。 母が「発狂した」と思われる日は突然来ました。 精神障がいのある親のもとで育ち、成長して、 こころに病気を抱える人たちの支援職になった子どもたち。 とりまく 医療、福祉、教育、地域、そして、家族─ 彼らはどんな世界を生きてきたのでしょうか。 どんな未来が見えているのでしょうか。 ここに描かれていることは 誰にも起こりうることなのです。 ● 本書には精神障がいのある親に育てられ成長して支援職に就いた四人の子どもたちが登場し、「体験記」と「座談会」を通じて、家族・支援者・社会への思いが奥深く・幅広く、語られていきます。 まさに「静かなる変革者たち」の魂の声。 彼らの「気付きの数々」をぜひお読みください。
動作確認環境